市民ランナーが5000m13分台で走れるのか試してみた。

市民ランナーの活動記録・練習案・レースレポ。たまにアニメとマンガ。

【トレーニング】5000mの17分台の出し方

今回は5000mの17分台の出し方です。

 

5000mで17分台というと、全く走ったことがない人が出せるようなタイムではなくなってきます。

 

5000m17分台もしっかり練習すれば出せるタイムだと思います。

 

※関連記事

◆5000m 15分台の出し方

 

hagebo-zu5000m.hatenablog.com

 

◆5000m 16分台の出し方
hagebo-zu5000m.hatenablog.com◆5000mで20分を切ってみる
hagebo-zu5000m.hatenablog.com

 

【17分台のペース】

3分36秒/㎞

17分台は3分36秒/㎞で走れば5000mは18分ちょうどです。

 

1キロ3分36秒というペースはどうでしょう。

 

個人的には3分40秒/㎞まではスイスイ走れるようになりましたが、

3分40秒を切ると途端にきつくなるイメージです。

 

高校生のときも、2年生になってようやく17分台出せました。

今思うと練習の設定タイムとか全く気にしていませんでした。

気にしている余裕がないというか、、、

 

設定タイムとか目標のペースを意識するようになってから、

タイムが上がってきた感じがします。

 

3分40秒~3分55秒/㎞でペース走を走れるようになってきたら、

かなり余裕が出てきます。

 

【練習案】

・10000mペース走:4分00秒/㎞

・1000mのインターバル 5本 3分30秒(400mjog)

・1000mのレぺテーション 3本 3分20秒(600~1000mjog)

 

この練習にスピード練習をしていけば、

1500mで4分50秒くらいなら出せると思います。

 

高校生のときは、5000mで20分切ってから17分ちょうどくらいは、

結構順調に伸びていきました。

 

要因は1キロ4分00秒のペースがきつくなくなったことです。

 

今思うともっとスピード練習をやっておけば良かったと思います。

高校2年生の時に真夏の試合で17分05秒を出したのですが、

もうとてもシンドかったです。

 

【大事なところ】

中には距離はたくさん走っている方も多いと思います。

 

そのような方であれば、少しずつペースを上げることを習慣にしていると、

目標のタイムに近づくのが早くなると思います。

 

体調によって走るペースを変えるのは大事なことです。

 

今だったら体調が良い日だったらレぺします。

 

一人で走るのは正直寂しいですが、自分の好きな練習ができるのが

一番いいところだと思います。

 

体調によってペースと練習内容を変えたり、

事前に練習メニューを決めておくといいと思います。

 

何やるか悩んだり、足が重いと感じたらダッシュしましょう!

【おすすめシューズ】

◆3分30秒/㎞のペースまでならJAPAN BOOSTが最適!

adizero Japan 3 m

 ※マラソンで世界記録(過去)を出したシューズと同じモデル

 

※参考にした書籍(Amazonリンク)

・ランニングとトレーニングの基礎知識を把握できる

・自分の走力や目標に合わせた練習メニューの組み立て、ペース設定ができる

・練習の目的を理解できるため、練習の効率が上がる

モチベーションが下がったときにもおすすめです。