市民ランナーが5000m13分台で走れるのか試してみた。

市民ランナーの活動記録・練習案・レースレポ。たまにアニメとマンガ。

【世界ハーフ】ハーフマラソンのラスト5キロを12分台で走った偉人について

結論から言います。

ジョフリー・カムウォロルという選手をご存知でしょうか。

 

 

このジョフリー・カムウォロルという選手がタイトルの偉人さんです。

◆世界ハーフ3連覇

f:id:hagebo-zu5000m:20180521000633p:plain

◆2015年世界選手権10000m銀メダル 27分01秒76

f:id:hagebo-zu5000m:20180521000549p:plain

 

2018年3月24日に第23回世界ハーフマラソン大会が行われ、ジョフリー・カムウォロル選手が3連覇を果たしました。

その時のタイムは1時間00分02秒で、1時間は切っていませんが驚くべきはそのスプリットです。

 

【ジョフリー・カムウォロル選手のスプリット】

◎5㎞ :14分32秒(14分32秒)

◎10㎞  :29分28秒(14分56秒)

◎15㎞  :44分13秒(14分45秒)

◎20㎞  :57分14秒(13秒01秒

◎Finish:1時間00分02秒(2分48秒

 

15㎞~20㎞のタイムが日本記録よりも速い13分01秒も驚きですが、

ラスト1.1㎞が2分48秒なので1000m換算にすると2分32秒です。

 

つまり、ハーフマラソンのラスト5㎞が12分台です。

f:id:hagebo-zu5000m:20180521002308p:plain

ちなみに5000mの自己ベストは12分59秒98で2016年の記録です。

 

このように素晴らしいタイムで走りましたが、この選手にとっては大したことではなかったようです。それほど自信があることの表れです。

 

このときに履いていたシューズはこちら

◆ヴェイパーフライエリート

f:id:hagebo-zu5000m:20180521000307p:plain

まだ25歳の選手なのでこれからが非常に注目の選手です。